iphone8ではフレキシブルディスプレイを採用か

アジア諸国の一部では、Apple社が有機ELのフレキシブルディスプレイを大量発注したという報道があり、仮にそれが真実で、次期モデルであるiphone8に採用されることがあれば、これまでのスタンダードなデザインを刷新し、革新的なインターフェイスを持つと言われていることからも、このディスプレイの採用には、大きな意味を持っています。



フレキシブルディスプレイは、折り曲げが可能で、さまざまな形状に加工することが可能であることから、一部のAndroidスマートフォンでは、両サイドを極端に折り曲げたエッジディスプレイを実現し、既に商品化されています。
もっとも、iphone8が同一のエッジディスプレイのデザインになることは考えられませんが、従来の水平のディスプレイであれば、フレキシブルディスプレイである必要はありません。

今すぐ見つかる毎日新聞情報を利用してみませんか?

わざわざ同ディスプレイを選択したことからも、これまでに無いデザインとなることは、容易に想像できます。特に次期モデルがiphone8であるならば、iphoneシリーズ10周年の節目となる記念モデルとなるため、デザインの面でも、世界中のユーザーに対して、予想を大きく覆すようなサプライズがあることが期待されています。新型チップセットのA11をはじめとする性能面でも大幅なパワーアップが周知の事実となっている現在、日常的に所持したり、操作することを楽しくする、革新的なデザインに、期待がかかっています。